LegalForceについてセミナー情報 | お問合せ

【無料セミナー】民法改正対応における契約書ひな形修正のポイント

2020年4月に施行が予定されている民法改正(債権法改正)では、改正項目は約200項目にも及び、企業活動への影響が予想されています。企業の法務部門では、知識をアップデートした上で、既存の契約書ひな形の見直しや、改正民法に合せた契約書のレビュー方針の変更を行うことが急務です。

そこで、民法改正に対応するための契約書ひな形修正で押さえておくべきポイントを解説するセミナーを開催いたします。講師を務めるのは、法律事務所ZeLo・外国法共同事業の代表弁護士・小笠原匡隆弁護士です。

法律事務所Zeloでは、数か月にわたり、契約書レビュー支援サービス「LegalForce」で提供する150点以上の契約書のひな形の、見直しと修正作業を行ってきました。本セミナーでは、間近に迫る民法改正に備えて、企業が行うべき契約書ひな形の修正におけるポイントを解説いたします。

全3回の開催を予定しておりますので、ご都合が合う日程でぜひご参加ください。

<こんな方におすすめです>
・民法改正対応にまだ着手できていない
・民法改正対応で何から手を付けていいかわからない
・自社で行っている民法改正対応内容に不安がある
・民法改正対応においてLegalForceがどのように活用できるのか知りたい

プログラム

19:00-20:00
民法改正対応における契約書ひな形修正のポイント
20:00-20:15
契約書ひな形修正でのLegalForceの活用法
20:15-20:30
質疑応答

講師

小笠原匡隆 弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業代表弁護士
 
2011年東京大学法科大学院卒業、2012年弁護士登録 、 2013年森・濱田松本法律事務所入所 、2017年法律事務所ZeLo開設。
ブロックチェーン、FinTech、M&A、IPO、企業間紛争。
システム開発、アドテクノロジー、ビッグデータアナリティクス、IoT、AI、サイバー・セキュリティの各産業分野における実務を専門 とする。
特に日本ブロックチェーン協会(JBA)リーガルアドバイザーとして、ICO・IEO・STO支援、自主規制ガイドラインの策定に参加する等、ブロックチェーン・仮想通貨に関する法務を取り扱う。

開催概要

開催日
①2019年11月7日(木)19:00~20:30(18:45受付開始)定員に達したため受付終了致しました
②2019年12月11日(水)19:00~20:30(18:45受付開始)定員に達したため受付終了致しました
③2020年1月21日(火)19:00~20:30(18:45受付開始)
※いずれの日程も同内容となります。
会場
新丸の内ビルディング10階 「京都アカデミアフォーラム」
〒100-6590 東京都千代田区丸の内1丁目5−1
アクセス
・JR東京駅 丸の内中央口より徒歩1分
・地下鉄各線大手町駅より徒歩10分以内
アクセスマップ
定員
各回40名
受講料
無料
※受付でお名刺を1枚頂戴いたします。
お問合せ
株式会社LegalForce セミナー事務局
seminar@legalforce.co.jp
備考

・以下のフォームでご入力いただきました参加者の情報につきましては、本セミナー終了後、講師への提供を予定しています。ご同意いただける方のみお申込ください。

・同業他社の方のご参加はご遠慮いただいております。

お申込み

会社でご使用されるメールアドレスをご入力ください。 Gmail等のフリーアドレスは使用できません。

送信ボタンを押すことで、お客様が要求した情報を提供する目的で、株式会社LegalForceが上記から送信された個人情報を保管・処理することに同意したものとみなされます。お客様はこれらの情報提供をいつでも停止できます。情報提供を停止する方法、およびお客様の個人情報を尊重して保護するための弊社の取り組みについては、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください。